リュウ君の行方が判ったその日、捜索のご相談をされていた
 アニマルコミニュケーターさんから連絡があり、keikoさんご家族は
 亡くなってしまっていたリュウ君とお話をする事が出来ました。
 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
 リュウ君は見つけてもらえて嬉しくて嬉しくて、満面の笑顔で  『ありがとう』
 と繰り返し、コミニュニケーターさんも胸が詰まって涙声に
 なってしまう程に、リュウ君は喜びました。
 

 事故当日、ボンッという音が聞こえ、頭が真っ白になり、ただただ
 逃げなきゃと家を飛び出し、車に跳ねられてしまいましたが、ぶつ
 かった瞬間に魂が身体から離れ、痛くも苦しくもなかったのです。
 
 あまりに急な出来事で、自分が死んでしまった事も2〜3週間気付か
 ず、keikoさんと息子さんが自分を捜している事は知っていたけれど
 、伝える方法がわからず、天国にも行けなかったようです。
 

 幸せにしてあげられなかったと悔いていたkeikoさんと、リュウ君が
 大好きだった息子さんに、、、

 
 『僕この家に来て幸せだったよ。お母さんは自信を持って、
  僕を幸せにしたって胸を張っていいんだよ。
  誰でもいつかは死ぬんだ。
  長く生きたから幸せって訳じゃなく、大切なのは濃さなんだ。
  
  お兄ちゃんは泣き虫だけど、これからは僕がついてるから
  強くなれるよ。
  
  向こうの世界から比べると、こっちの世界はほんの一瞬で、
  その一瞬の中で出逢えた事は、すごい事なんだ。
  
  ずっとお母さんとお兄ちゃんを見守ってるからね!』

  

 …と伝えてくれました。
 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 捜索の途中で出逢った愛護センターに居た黒ラブmix君が収容期限を
 迎える日、自分が殺してしまうように思え泣いていたkeikoさんの事
 もリュウ君は知っていて、、、
 
 『次の子を飼っていいよ。僕に悪いなんて思わなくていいからね。
  一匹でも助けてあげてね。』

 
 …と言ってくれたそうです。
 
 幸い、その黒ラブmix君とあの日日持ち込まれた子猫ちゃん達は、
 ボランティア団体さんに引き取られる事が決まり、処分されず
 未来を手にする事が出来ました。
 それも、優しいリュウ君がお手伝いしていてくれたからではないか
 と私は思っています。


 リュウ君が元気な姿でお家へ帰れなかった事は本当に悲しい事なの
 ですが‥
 
 行方が判るまでの1ヶ月、リュウ君はずっと一人ぼっちでは
 ありませんでした。
 いつもいつもkeikoさんご家族に愛されていました。
 
 そんな溢れんばかりの愛はリュウ君にちゃんと伝わっていて、
 keikoさんご家族もまた、リュウ君から愛されていたのです。
 
 互いに触れ合う事はもう叶わず、それはとてもとても辛く淋しい
 事ですが、リュウ君は永遠に家族の一員で、ずっと一緒です^^
 

 リュウ君、keikoさん、、、
 出逢ってくれて 生まれてきてくれて どうもありがとう。。☆
 

_________
 ____
 back